FC2ブログ

もすけブログ

ゲイイラストを中心に活動するもすけの本拠地。

2017年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【雑記】安心

母の大腸癌はステージ3で。
他の臓器までは転移してなかった。
5年生存率は77%くらい。
ステージ4にまで行くと、18%くらいだってんだから。
ステージ3だとわかった時は、ホッとした。

金曜日。
母さんの手術が無事に成功した。
今後の経過と検査結果がでるまでは何とも言えんけど。
母さんは痛み止めの副作用で、ずっと気持ちが悪いらしい。
何もしてやれないのが、ほんとに、もどかしい。

今月中の退院を目指して、リハビリしながら入院生活。
早く、元気な姿を見せて欲しい。

そして。
「お母さん…心配だね」
って、ブログをまだ覗いてくれてる人がいてくれたこと。
それが、なんだかとても嬉しかった。
なんだかんだで。
俺の原点だから。
ありがとうございます。




俺も俺で。
頑張らんといかんよな。
本当にそう思う。
何も。
まだ何もしてない。

いつになったら。
胸を張って、前を向けるだろう。
そんな日は来るんだろうか。

その日を目指して歩くしか無いよなぁ。
マラソンが苦手な俺だから。
ちょっと小走りぐらいにしておこうかな。

気持ちは、全力疾走したい気持ちでいっぱいだけど。
どうせ息切れするのが関の山。

毎日、少しずつでも、頑張ろ。
頑張ろ。
スポンサーサイト
[PR]

| 日記 | 07:20 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【雑記】延びる延びる

母さんの癌の進行度がどれくらいなのか。
金曜にわかると思っていたのが、次の月曜(今日)になり。
それがまた更に伸びて、次の金曜に分かるということになった。

ネットで色々調べて。
何か。何か自分の中で落ち着ける情報をと這いずり回って。
ポリープ状の癌は進行が遅く、陥没系のガンに比べて転移の確率も低い。
という、本当か嘘かもわからない情報を真に受けることにした。
少し、自分の気持ちが楽になった。

そういえば。
今月の家賃を払ってねぇやってことに、ついさっき気付いた。
そして明日歯医者の定期検診だってことも、ギリギリで思い出した。
朝11時の予定だから、10時には起きたいところだけど。
………。

起きれる気がしない。

まぁ、起きれなかったからって誰か死ぬわけじゃなし。
気楽に行こう。

そうだよ。
気楽に行こうぜ。

| 日記 | 03:57 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【雑記】母

母さんが癌になった。
たぶん。
僕のことを、心から愛してくれた、たった一人の人。

「癌だったよ!ガーン。」

なんて、おちゃらけたメールを送ってきて。
僕は、その事実が心細くて。
「なんだよそれ(笑)」
って送って、心細さを隠そうとしたけど。
でも、たぶんきっと、一番心細いのは、母さんだ。

そばに居てあげられないのが、なんでこんなに、辛いんだろう。



僕が。
母さんの絵を最後に書いたのは、小学3年生の頃で。
図工の授業で、母の日に向けて描いた絵で。
朝ごはんに、卵焼きを作ってくれている母さんと。
それを、楽しみに待っている、僕と。
馬鹿みたいに下手くそで、色も、汚くて。
でも、それを、その下手くそな絵を、ずっと、飾ってくれてた。

僕が。
どんな道を選んだとしても。
「お前が選んだ道なら」
といって、応援してくれた。
本当は、就職して、地に足つけて、生きてほしいんだろうと思う。
本当は、僕の子供に会いたいんだと思う。
本当は――


母さんの写真を見ると。
いつも、1人だった。
なんでもっと。
もっと、一緒に写真を撮らなかったんだろう。

僕はいつも、自分のことばっか考えてて。
写真が嫌いだからってだけで、母さんの横に立たなかった。
いつも、写真を撮る側に回って。





母さんはまだ生きてるし。
癌も、治せるかもしれないし。

まだ、たぶんまだ。
いろんな事をしてあげられるんだと思う。


昨日は母さんの誕生日だったのに。
母さんを祝うのは、少し落ち着くまで延期した。
その選択も、良かったのかどうか、不安でしょうがない。

母さんは。
今、幸せかな。

それだけが、どうしようもなく、気がかりで。

夫婦の仲が悪いのも。
姉弟の仲が悪いのも。
もっと、もっと、なんとかできたんじゃないかって。

僕の、想い一つで。
もっと、もっと…。





今、僕にできること。
考えなくちゃな…。

| 日記 | 19:18 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【雑記】あれから10年

あの頃の写真を見返すと。
胸の奥が萎縮して、心が、壊れそうになる。

自分の居場所がわからなくて。
幸せの意味もわからなくて。
ただただ怖くて。
誰かにずっと、手を握っていて欲しかった。
僕も一人だよって。
一緒に泣いてほしかった。

忘れたつもりになっていたけど。
今もそれは変わらない。

僕は一人だよ。
どうしようもなく。
いつも、どこで誰と何をしてても。
ずっと心は空っぽのまま。
満たされないまま。

痛みで満たせば、少しは楽になるんだろうか。
悲しみで満たせば、少しは救われるんだろうか。

誰にも届かない歌を、ずっと歌ってるみたいに。
誰にも届かない手紙を、ずっと書き続けてるみたいに。

明けない夜はあるし、止まない雨も、あるよ。
ただ、そう信じたくないだけ。

「一人じゃないよ」

って。
一人じゃない人達に言われても。
僕は、どんな顔で、ありがとうって言えるの?
こんなにもひとりなのに。
あぁ、何も、わかってはくれないんだと。
そうやってまた、僕は一人を実感する。

僕にないネジ持ってるのは、誰なんだろう。
そこからは、一体……何が見えるんだろう。

| 日記 | 22:52 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |