FC2ブログ

もすけブログ

ゲイイラストを中心に活動するもすけの本拠地。

2016年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【30分らくがき】038 いいにくの日

20161129as.jpg

ラフでさーせん。
ただ、色んなとこが狂いまくってるから、むしろしっかり描いたらそれが浮き彫りになっちゃうんで、俺の中ではこれはこれで正解。
見てくれる人の脳内補正に頼り切った一枚である。
そしていい肉かどうかはさておき、なんでこう、意味わからん構図で描いちゃったんだろ。
あ、ゴーグルとか付けさせときゃ左腕がもうすこし意味ありげなものになったかもなぁ。
なんて、今更気づくんだから俺ってのは才能ねぇなと思う。
うるせぇ、知ってるわ。
ヽ(`Д´)ノ
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

| イラスト | 17:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】037 犬はなんとなく、描けるようになってきた…かな?

20161128as.jpg

ケモノ様。
ありがたや、ありがたや…。

なんていうか。
ケモノの何が難しいって。
骨格とかの折り合いが難しいんだよ。
人間の骨格と、獣の骨格との折り合い。
あと、毛のもふもふ感をどこまで盛るかとか…。

すみません、つまらない話でしたね。

なんだろう。
最近少し、疲れ気味だなや。

心が少しずつ。
すり減っているのを感じるのだ。

よく分からんけどね。

誰に何を話しても。
誰の何を聞いても。
分かってもらえる気も。
分かってあげられる気もしない。

自分が持ってる価値観の引き出しをやりくりして。
求めてる答えを予想して語る言葉に、価値はあるんだろうか。

「異性と話すほうが絶対に楽しい。他の皆もそう」

そう思ってる人達に僕は、どんな言葉で自分の存在を伝えたらいい?
その術を持たないから、今までずっと、1回たりとも。
僕は僕を、彼らの前に晒したことはないんだろうな。

同じ世界に生きているのに。
まるで違う世界を見てる。

満たされてるのに、それを感じない。
それはもう既に、満たされていないのと同義で良いと思う。
「他人から見た自分」なんてもんに、微塵も価値はないって思うんだ。
少なくとも僕は。
だからこそ、自分で自分がどうありたいか、どんな自分なら満たされるのか。
それしか無い。
「あいつと比べてお前は満たされているよ」
って励まし。
そんなもんに一体何の価値があるの?
「あいつは5位だけど、お前は4位じゃん!!悔しがるなよ!!」
って言われたって、1位になりたかった俺は、どう足掻いたって悔しいんだよ。

…ああ。またつまらない話をした。
でもまぁ…いいのか。
自分の為に書いてるようなブログだもんな、もう。
うすらさむい。

おやすみなさい。
ノシ

| イラスト | 05:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】036 前髪で目が見えないのって二次元だからこそ格好いいんだっていうことを俺は身をもって知ってる

20161127as.jpg

見えるよ、命の輝きが――


寝る。
('・c_・` )ノシ

| イラスト | 06:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】035 いい風呂の日

20161126as.jpg

陸「なぁー父ちゃーん…」
一馬「ん~?」
陸「うるせぇ…」
一馬「………」
陸「…………チュー(小さい紙パックの牛乳をストローで吸う音)」
一馬「くすぐり攻撃!!」
陸「あはははははははは!!やめ…やめろとーちゃん!!あははははは!!死ぬ!!死ぬ!!!」


ということで、フォロワーさんが「今日はいい風呂の日やで」と教えてくれたからできた一枚。
実にラッフラフである。

寝る!!
(>_<)ノシ

| イラスト | 06:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】034 おそれをいだきながらしんでゆけ

20161125as.jpg

人は恐怖に支配されている。
人が結婚をするのはどうしてだ?
1人で行きていくのが怖いからだ。
人が人を殺すのはどうしてだ?
大事なものを壊されるのが怖いからだ。
人が病気を治そうともがくのはどうしてだ?
襲い来る痛みが怖いからだ。
人が自分を殺すのはどうしてだ?
もう、わかっているだろう。

お 前 は 俺 に 支 配 さ れ て い る ん だ 



ひとりぼっちは怖いよ。
そんな弱い人間になりたくなかった。

| イラスト | 06:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【雑記】奥多摩に行った話

先日、奥多摩に行ってきました。
昔、一緒にバイトをしていたノンケメンバーで。
自分含めて男2人女2人。
恋愛対象になり得る存在が不在の小旅行だったから、
自分でもびっくりするくらいに気楽に行けました。

元々そんな大事になるとは思って無くて、最初は、久しぶりに最寄り駅近辺の飯屋で飯でも食ってだべって解散――ぐらいのノリだったんですよ。その日20時から仕事あったし。

けど、それがいつの間にか、朝5時起きに起きてレンタカーで奥多摩に鍾乳洞を観に行って、適当にブラブラして19時にこっちに戻ってきて――みたいな事になっていて。

正直、まだまだ自分も貧困なので、そこまで金掛かりそうなら流石にちょっと行きたくなかったんですが(爆)、中々に断れない雰囲気になってきて、渋々行ってきました。

結果的に言うと、めっちゃくちゃ楽しかったんですけどね(笑)

IMAG1773.jpg 
↑無事に鍾乳洞にたどり着いて

IMAG1811_BURST002_COVER.jpg 
↑誰一人リア充の居ないメンツだったからガチで縁結びの願掛けして(笑)

IMAG1804.jpg 
↑ライトアップされた鍾乳洞を眺めて

IMAG1823.jpg 
↑1時間以上並んで釜飯食って

IMAG1827.jpg 
↑道なき道を進んで滝を拝んで

帰ってきました。
で、地元の居酒屋で夕食。
自分は仕事あったんで、そこでバイバイ。

これでまた、節約気味の生活が始まりますよ(笑)
でもやっぱり、人と人との縁ってのは大事だなって思うし。
多少お金掛かったとしてもね。
大事にしていきたいなって思います。

っていうか、こうやって雑記を書くのって、なにげに久しぶりな気がする。
ずっと30分らくがきの記事が続いてたから、
その流れをぶった切りたくなかったんだけど、まぁ、良いよね。

こんな時間や。
寝よ。

(^q^)ノシ

| 日記 | 07:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】033 モンスター

拓哉「コイツ…死んでない」
D「え?…うあ、本当だ」
イツキ「キッモ。拓哉、とっとととどめさせよ」
D「ちょwwおまえ今の一瞬でなんかい「と」って言ってんのww」
イツキ「は?何…D、お前死にたいの?」
D「うは、マジレスキタコレwww」
イツキ「分かった、殺す」

ア…アアアアア……ア

拓哉「お前らいい加減にしろ。骸になりかけてる」
イツキ「…チッ。大体拓哉が殺りそこなったせいでしょ?」
拓哉「……いや、俺は確かに…」
D「骸とかマジやべぇじゃん。ちょ、動画撮ってツイートしなきゃじゃん」

イタ…イ………イ…タ…

イツキ「痛いって。お前のことじゃない?D」
D「骸様!お褒め頂き光栄でやんす!!」
拓哉「……!?二人共避けろ!!」

ギギギギギギギギギギギギィィィィィィィアアアアアアアアアアア!!!

20161124bs.jpg



守りたかったんだ。
初めてできた、友達だったから。
誰を殺しても。
誰が傷ついても。

でも、守れなかったんだ。

僕が、弱かったから。

手が冷たくて。
1人だった僕の手を引いてくれたあの手が。
今も…お…オモい…


思い出すんだ。

僕が…冷たくて…ツメタ…イ?
冷たいなぁ。
アタタカカッタナァ…。

………寂しいなぁ。



拓哉「………はぁ……はぁ」
イツキ「あっぶなかったぁ~!グッジョブD!!」
D「あー…一機無駄にしたけど…まぁ、いっかぁ」
イツキ「…あれ?拓哉どうしたの?」
D「うはっwwwめっちゃ泣いてるwwwwww」
拓哉(何か…流れ込んできた。あの骸の……思念だとでもいうのか?)

オペ男<目標の反応が消滅した、任務終了だ>

イツキ「やったー!帰ってシャワーあーびよ!!」
D「Sランク獲得かな?DさんSランク獲得かな?」

オペ男<…拓哉?どうかしたか?>

拓哉「…骸ってのは、一体…何なんだ?」

オペ男<モンスターだ>

拓哉「…そう、だよな」

オペ男<テレポーターを転送した。お前も早く帰還しろ>

拓哉「ああ…了解」




ありがちストーリー乙、俺。

| イラスト | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】032 いい夫婦の日

一馬「ただいまー」
芳乃「おかえり、お父さん」
一馬「陸と風介はもう寝たのか?」
芳乃「うん、今日二人で鬼ごっこしてたらしくて、もうぐっすり」
一馬「鬼ごっこ?風介は大丈夫なのか?」
芳乃「陸が気をつけてくれてたのと、今日はすごく調子が良かったみたい」
一馬「そっか。陸はああ見えて風介のことになるとちゃんとお兄ちゃんやるからな」
芳乃「誰に似たのかしらね」
一馬「母ちゃんだろ?」
芳乃「どうだかね」
一馬「そういえば、今日会社で聞いたんだけど、いい夫婦の日ってのがあるらしいな」
芳乃「え?何?知らなかったの?」
一馬「え?母ちゃん知ってたの?」
芳乃「もう、今の時期になると毎年テレビで取り上げられてるから」
一馬「マジか」
芳乃「だから今日のご飯、はお父さんの好きなチーズ入りのハンバーグと唐揚げなの」
一馬「マジか!!」
芳乃「嬉しい?」
一馬「ああ!すっごい!!」
芳乃「良かった♪」
一馬「俺…知らなくて何も用意できなかったから…ハグぐらいしかできないけど」
芳乃「ん…」
一馬「かあ…芳乃、俺と結婚してくれてありがとう」
芳乃「あなた、昔は本当に危なっかしかったからね。私が見てないと不安だったのよ」
一馬「昔はーーまぁ…そうだなぁ」
芳乃「私こそ、昔も今も…守ってくれて、ありがと」


20161124a1122s.jpg 

一馬「……なんか、照れくさいな!」
芳乃「そう?」
一馬「なんなら、一緒にシャワーでもーー」
陸「とーちゃーん?」
一馬「りり…陸!!起きてたのか!?」
陸「……おしっ こー」
一馬「え?あ…おい!!馬鹿!!ここはトイレじゃないぞ!!」



一馬は昔めちゃくちゃ不良で、芳乃は昔、めちゃくちゃか弱い女の子だった、っていう設定。
いつかその話も描きたいなぁ。

| イラスト | 19:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】031 正味20分

20161122as.jpg

11月22日は「いい夫婦の日」だったのに、よりにもよって、こんな夫婦感0のらくがきをした上に、記念すべき30枚目のイラストを正味20分で投下するという破天荒っぷり。さすがもすけ。

後日、いい夫婦の日らくがきするつもり。
今日は寝かせて…。

(つ∀-)ノシ

| イラスト | 02:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】030 ♀エルフと♂獣人

20161121as.jpg

エ「…ちょっと、臭いんだけど」
獣「あ、わりぃ。…あれ?でも俺さっき風呂入ったけど」
エ「違う…獣臭いの、あんたの側は」
獣「いや、そりゃ獣人だもんよ。しゃーなくね?」
エ「…はぁ。よりによって、なんで王立魔導学校を首席で卒業したこの私が、あんたみたいな学の欠片もない落ちこぼれと組まなきゃいけないのよ…」
獣「くじ引きで決まったんだからしょうがないだろ」
エ「ナンセンスよ!!くじびきとか!!」
獣「まぁまぁ。お前が苦手なやつは俺がぶっ倒してやるから!!」
エ「苦手な相手なんて存在しないわ」
獣「ゴキブリは?」
エ「素手で殺せる」
獣「…ムカデは?」
エ「焼いて食べれるわ」
獣「ご…ゴーストは?」
エ「瞬き一つであの世に送ってあげる」
獣「……俺、いらなくね?」
エ「……ああ、でも私、あれが嫌い」
獣「何!?何何!?」
エ「獣人」
獣「………………」


二人以上描くように意識したいなぁ。これからは。

| イラスト | 02:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】029 鬼として生まれたかったわけじゃない

20161120as.jpg

どうして俺は、鬼なんだろう。
鬼の子は思ってました。
周りの子は皆、人間の子なのに。
自分だけ、角も、牙もあって。
周りの子は皆、自分と本音で向き合わない。

「鬼になんて、産まれたくなかったよ」

誰にも言えないその言葉を秘めたまま。
鬼の子はそっと瞼を閉じた。

| イラスト | 01:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】028 ライトニングクロー

20161119as.jpg

ギャグ漫画日和っていう漫画の、13巻に収録されてるライトニングクローっていう話がクッソ面白いんだけど、これ共感できる人おらんのんかい。

| イラスト | 01:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】027 こくはく

「夕焼けのさー、影ってなんか、怖いよねー!」
ヘラヘラ笑いながらそんな事を話すお前。
「本当に怖いと思ってんのかよ」
なんて相槌をうちながら帰るいつもの道。

「1人だと凄く怖いけど、でも、キミと一緒にいるから平気♪」

こんな時いつも。
胸の奥が、ズキンって、痛む。

「あ……あのさ」


20161117as.jpg 

何?って不思議そうに、俺の顔を覗き込むから。
出しかけた声を飲み込んだ。

お前のこと…好き……かも。

「どしたの?」

何度も。
何度も、何度も。
風呂とか、寝る前とか、授業中とか。
頭ん中で練習したのに。

「す…」

「す?」

「……すっぱムーチョ食わね?」

「すっぱムーチョ?いいよー!僕あれ好き!」

「うめぇよな!すっぱムーチョ!!」

俺ってのは本当……意気地なしだ。




明日は巨根デブの日らしいからなんか描きたいけど、そもそも巨根にあんまり興味がないっていう…。
巨根な事を恥ずかしがってる子とかなら良いかも。
なるべくなら、気弱そうな性格じゃないほうが、個人的には萌える。
かと言って、熱血系とかでもなく。
ちょっと堅物っぽい感じがベストだろうか。

ということで、明日は堅物巨根デブ描く!!

(^q^)ノシ

| イラスト | 06:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】026 

20161116as.jpg

「一面の雪原の中で体から湯気出してる筋肉ふんどしケモマッチョ」

っていうお題を友人がくれたんだけれども、改めて思う。
なんだよこのお題。
それに、30分なんて軽く過ぎて2時間位かかったんだが…。
まぁ、それは自分のせいなので良いとして。
頭部だけ見ると、結構もふもふ感を出そうとしてる努力が見受けられるはず。
体はもう、諦めました…時間かかりそうだったので。

ケモノ難しい…もっと精進せねば。

('・c_・` )ノシ

| イラスト | 03:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】025 右手には雷、左手には氷

20161115as.jpg

らくがき19に続いて、何も考えずに描いたやつ。色つけんのもあれだったから、エフェクトに色味つけて誤魔化したっていうひどいらくがき。
キャラデザってレベルのあれじゃないので、気楽に見てもらえたら。
もっと、いろんなパターンのケモノを描いて色々探っていきたいなぁ、
っていうのがあったんす。
らくがき1とか、らくがき5とかで描いたやつよりも、
どことなく人間に寄せた感じ。輪郭を。
なんかもう、この辺の微調整で、何パターンあるんだろう、ケモノって、って思う。
…途方もない。
ケモノよりのケモノもいいけど、人間よりのケモノも好き。
っていうか、ケモノと獣人の違いって何だろう?とか考えだしたら意味わからんくなる。
調べてはいないんだけど、定義とかあるんだろうか?
自分の中で、「分からないことはなんでも調べる」時期は終わっていて、
今は「分からないことは自分の妄想力で補う」時期が来てる。
その方がなんか、楽しい。
あくまで、他人に迷惑をかけないことに関しては、だけど。

っていうか、ここしばらくらくがきの記事しかあげてないんだけど。
そろそろなんか、携帯(スマホ)を買い替えたいこととか、アマゾンプライムの話とか色々書きたいことが溜まってきてるんだけど、ここまできたら流れをぶった切りたくないから書けないでいる。
こいつは困った。
…とりあえず、今日はこのへんで。

('・c_・` )ノシ

| イラスト | 06:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】024 チビヤッチ

20161112.jpg

まさかのアナログ。
パソコン使えないなりに更新しようとした結果こうなった…(遠い目
僕ってのはつくづくアナログベタだと思う。

因みに、前回に引き続き、チビヤッチ(中川)。
チビ村上がだいぶ子供っぽくなったのに対し、
チビヤッチはむしろ大人っぽくなった。
もともとでっかいやつをちっちゃくするのと、
もともとちっちゃいのをちっちゃくするのとでは
ここまで差がつくのかと驚いた。

こんな発見もまた、醍醐味だなぁ。  もすお

(^q^)ノシ

| イラスト | 06:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】023 チビ村上

20161111as.jpg

この頭身って描いたこと無くて。
どんなもんかと思って描いてみたら、もうバランス命すぎてすり減らした。神経を。
7~8頭身のデフォルメで学んだものをかなぐり捨てる頭の柔らかさが必要。
自分の場合、それが一番難しかった。
もう、人間を描くつもりで描かないほうが良い。
気持ち的には、ドラえもん描くぐらいの気持ちで攻めるのがベストと思う。

この辺も、各キャラ揃えてキーホルダー的なのにしたら可愛いんじゃなかろうか。
小篠、勝太、ヤッチ、村上…。
こ…コンプしたい(;´Д`)ハァハァ

(;´Д`)ノシ

| イラスト | 06:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】022 ヤッチと村上

20161110as.jpg

ヤ「ねー村上さん、重いんだけど!」

村「……」

ヤ「聞いてる?頭重いー!!」

村「……おう」(あそこが大きくならないように必死)


更新が遅くなってしまって申し訳ないです。
Twitterの方に毎日あげていた30分イラストも、打ち合わせを兼ねて友人の家に訪問させていただいていたので一旦お休みしてました(>_<)
事前に言っておけばよかったなと、今になって思いました…。
反省。

今日からまた30分イラスト再開します!
改めてお付き合いいただければ幸いです…!

(>_<)ノシ

| イラスト | 15:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】021 かみなりのねずみたち

20161109as.jpg

ピチュオ「ガジ……ガジガジ」
ピカスケ「ズボッ…………」
ライゾウ「……こいつらなんなん」



っていう一枚。
線も塗りもクレヨンツールで書いたんだけど、なんか温かみがでた気がしなくもないんだけどどうだろう。

っていうか、「ポケモンはいい(用済みという意味で)」って友人に言われたので、当てつけが如く描いてやりました(笑)しかも3体も!やってやった…やってやったぞ!!byカミーユ・ビダン

っていうか、20枚目やんか、これ!!
5分の1終わったー!!\(^o^)/
うほうほ!!

俺、上達してる…?(震え声)

(T_T)ノシ

| イラスト | 04:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】020 真実のらくがき

20161108as.jpg

らくがきとはこういうことである。
っていうくらい、何も考えずに描いた。
これぞ真実のらくがきである。
これくらいのデフォルメ具合が、個人的には一番描きやすい。
自分の場合、描きやすいのと需要が噛み合ってなさ過ぎて
「皆が喜んでくれそうなやつ描こう!!」
ってなると、まだ色々考えて描かないとぐっちゃぐちゃんなる。
之即ち未熟。

どうでもいいやんね、俺の事情なんて。

あまりにも見てる人がつまらない記事になりそうなので、オマケで

20161023as.jpg 
↑コイツの目線を解除しようと思ったんだけど、
しばらくぶりに見たら
「え……やばキモッ!!」
ってなったんで止めます。
目線先輩に助けられてました。目線先輩マジグッジョブっす。

(*´∀`*)ノシ

| イラスト | 04:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】019 天然フシギバナ

20161107as.jpg

特に何もしてこなかったフシギバナ。
ただ、寝ている間に勝手に動く触手は近づく敵を倒したり、ちょっとした悪戯をしたりと
フシギバナとは別の意思を持っている。
ただ、あくまで寝ている間しか触手が勝手に動くことはないため、寝ていない時は平凡なフシギバナ。
因みに脳筋リザードンのタンクトップを彩ったのは彼の触手である。



ということで、ポケモン初代御三家コンプ!!
\(^o^)/

ネタをくれた、ごろーさん、ぎょさん、本当にありがとうございます♪
楽しく描けました!
いつかワイシャツ姿のインテリカメックスも載せたい♪

なんとはなしに付けてる彼らの設定ですが、
実はイラスト描き終わって、ここで文章打ってる時に考えてます。
最初っから全部考えて描くーーっていうことができない人間なので…。

(^q^)ノシ

| イラスト | 22:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】018 ジャイ×のび

の「ねージャイアン」
ジ「なんだよのび太」
の「ジャイアンはスネ夫と一緒だと僕にいじわるすけど、僕と二人の時は優しいよね」
ジ「何を言うんだいのび太くん。ジャイアンくんはいつだって優しいじゃないか」
の「僕、優しいジャイアンが好きだなー」
ジ「な…なな…」
の「二人の時は、こんなことしても、僕を殴ったりしないもん!!」


20161106as.jpg 


ジ(お…思わず抱きしめちまったが、これはーー)
の「ジャイアン柔らか~い♪」
ジ「お…おう」
の「ジャイアンは、僕のこと、嫌い?」
ジ「嫌いだったら…一緒に野球したりするかよ」
の「よかったー」
ジ「良かった…のか?」
の「うん!良かったよ!!」
ジ「……おう」



ということで、不器用なジャイアン(脳内設定)に激しく萌えるもすけです。
そして、のび太ってやつは、本当に良いやつだなって思うんです。
自分に対しては凄くだらしないけど。
でも、友達やドラえもん。家族のこととなると、自分の危険を顧みず行動する。
なんか、のび太を見てると、涙が出るんです。

今日も、なんか俺凄く嫌なやつだったなぁ、なんて。
仕事帰りに自転車をこぎながら、一日を振り返って反省したりして。
自分の子供っぽさに、情けなくなる。

僕も、のび太みたいになりたいな。

( ・ω・)ノシ

| イラスト | 02:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】017 脳筋リザードン

20161105as.jpg

あらゆるジャンルの格闘技に時間を費やしたリザードン。
筋肉を必要以上に発達させた為、飛行は得意ではない。
が、翼を用いた身のこなしで見た目以上に俊敏に動くことが可能な為、初見の相手には負けたことがない。
彼の扱う炎は基本的には迫力を出すためだけに出される為、攻撃には使用されない。
あくまで体術のみで相手をねじ伏せることにこだわりを持っている。
着ているタンクトップは本当は真っ白だったのだが、友人である天然フシギバナに勝手にストライプ模様をつけられた。

レジのアイドルタイム中に、(どんなポージングにしようかなぁ~)って考えたりしてたのもあって、下書きは割りとすんなり決まって。残り10分で着色だったんだけど、やっぱりちょこっとオーバー…orz

あと、タンクトップ。素直に白一色のほうが良かったかも知らんと思っている。

| イラスト | 07:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】016 夕暮れの

20161104as.jpg

太「今日飯何?」
細「今日はね、餃子とチャーハン!」
太「お、いーねー」
細「太の好きな納豆チャーハンだよ」
太「…え、でもお前、納豆嫌いじゃん」
細「実は太に内緒でね、練習してた」
太「納豆食べる練習?」
細「うん」
太「…俺、やっぱお前のこと好きだわ」
細「え?僕も好きだよ、太のこと!」
太「…それ、持つで」
細「やだ。筋トレになるからむしろ持たせて」
太「…俺なんもしてねーじゃん」
細「僕の作ったご飯食べてくれるじゃん」
太「それってなんかした内にはいんの?(笑)」
細「太も料理覚えれば分かるよ!僕の気持ちが!」
太「へいへい。俺はこれからも食べる専門でいーや」



30分で描いた結果がこれだよ…。
色々悔やまれるー!!

(>_<)ノシ

| イラスト | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】015 インテリカメックス

20161103as.jpg

あらゆるジャンルの勉学に時間を費やしたカメックス。
その時の天候、風向き、立地等を考慮し、また、相手の特徴、性格、癖等を加味して放たれる彼のハイドロポンプの命中率は99.998%である。
持っている図鑑は勉学のためではなく単純に趣味。
インテリだけど機械音痴なのでサトシ達が持ってるポケモンずかんは扱えない。


メガネかけたカメックスに萌える気がするっていう、フォロワーさんの発言を真に受けて描いた結果本当に萌えるカメックスが誕生した件について。っていうか、元々素のカメックスがかなり萌える存在なのに、メガネ一つでここまで萌え度がプラスされるとは。すげぇ。さすがご○ーさん。

(´<_`  )ノシ
↑インテリもすけ。

| イラスト | 17:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】014 ゾエさん、大地に立つ

20161102as.jpg


ワールドトリガーっていう漫画に出てくる、北添 尋(きたぞえ ひろ)――通称ゾエさんが可愛すぎるんだけど、あんまり描かれてるの見たこと無いから描いてみた。
いや、楽しい。
既に誰かがデザインしたキャラを描くのってやっぱ楽しい。
そして何より、楽(笑)

いやー。
もっとゾエさん人気出てほしいなぁ。
色んな人が描いたゾエさんのエッチな姿見たい。
BL好きな女子が描くゾエさんは、線が細くなってて趣味じゃないからなぁ…。
もっとまるまるしたゾエさんの豊満なボディが見たい…。

(;´Д`)ノシ

| イラスト | 04:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】013 大量射精

気がつくと、アイツの顔を思い浮かべている。
体格の良い自分とは逆の、小柄なアイツ。
初めて会った時のことは、今でも覚えてる。

「はあ……はぁ…」

アイツが見せる笑顔は、どこか、寂しそうなんだ。
心から笑ってない。そんな笑顔。
俺がアイツを笑顔にしたいのに。
自分のボキャブラリーの無さが憎い。

「中川……中…川…」

こうして。
アイツを思い浮かべながら気持ちを昂ぶらせるのは何度目だろう。
鼓動の高まりが、絶頂が近いことを知覚させる。

「い…くっ……中川……出るっッ…!!」

20161101bs.jpg


放物線を描いて噴き上がった液体が、ぼたぼたと自分の体を汚していく。

「んんっ…!あぁ!!ぐ…んあぁ!!」

何度も、何度も白い液体は噴き上がり、その度に、快楽が襲ってくる。

「はぁ……はぁ…」

ぼーっとする意識の中。
アイツを汚してしまった罪悪感に包まれながら、俺は目を閉じた――




ということで村上さんです!
ぎょさんの小説に出てくるキャラクターなんですが、いやぁ。
もっとガッツリバランスとか考えて描きたかった…。
めちゃくちゃ好きなキャラクターなだけに、悔やまれる。
いっつも近くにヤッチ(中川)がいるイラストばっか描いてたから、
実は単独って珍しかったりする。
珍しいも何も、そこまでたくさんイラスト描けてないんだけど(爆)

っていうか、もっと挿絵的なもん描きゃあいいのに俺。

あ、そうそう。
上記のショートストーリーはぎょさんの小説を元にして俺が勝手に妄想した二次創作なので、悪しからず。

エロい絵をもっとサラサラ描けるようになりたいぜ…!

('・c_・` )ノシ

| イラスト | 04:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【30分らくがき】012 相撲大会にて

20161031as.jpg

陸は理解していた。この戦いが如何に重要なのかを。

陸「……ふぅ」

周囲の雑音の一切が消え去り、対峙した相手の息遣いと、己の鼓動だけが土俵を支配してた。

「はっけよい…」

腰を落とし、前傾する。
勝利をイメージする。
相手の行動の予測パターンを、何度も、何度も、脳内で繰り返した。
そして、手にするのだ。

勝利の栄光?…いや、違う。
羨望の眼差し?…それも、違う。

では何か。

そう、それは、つい先日発売したゲーム機「プレイサターン64」…!!

「のこった!」

陸「うううぉぉぉおおおおおおおおおおお!!」

怒号と同時、陸は土を蹴った――




そして、猫騙しであっさり敗退しちゃうのでした(笑)

しかし…陸を描く度思うんだけど。
絵柄安定しなさ過ぎ…orz
しかも今回30分っていうか60分かかってるからねこれ。
馬鹿だからね。もう何の意味もないからね。
カウントしたくないわ―…これ。

そして明日は念願の休み。10連勤したよ☆
13連勤→休日→1出勤→2連休→3出勤→2連休→10連勤→休日(←今ここ

……散りばめようよ、もっと。休みを。
っていうか、連勤で何が困るって、Yシャツの回転率の高さね。おいつかねーよ洗濯が。

明日は休みだけど。
ちょっと区役所行かなあかんで、行ってくるだ。
「俺を世帯主にしてくれ」って言ってくる。
その帰りに銀行で家賃振り込んでくる。
引き落としじゃないんです、何故か。
毎月毎月面倒くさいのなんのって。

おやすみなさい。
('・c_・` )ノシ

| イラスト | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |