FC2ブログ

もすけブログ

ゲイイラストを中心に活動するもすけの本拠地。

2014年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「結婚しない人生なんて、寂しすぎますよ」

バイトの女の子が言う。

「もすけさん、結婚した方が良いですよ」

と。

その子は俺のことを「愛を知らない人」と呼ぶ。

それは多分、しょうがない。
「一生テレビゲームやって生きていけたらそれでいい」
なんて風にのたうちまわってる俺が悪い。

その子に俺は「愛って何」と尋ねたところ。
「その人と一緒に頑張って生きていこうと思うことです」
と返ってきた。

その次に俺は「じゃあその相手が浮気してるのを知ったら?」と尋ねると。
「別れます」
と返ってきた。

「そんな安っぽい愛なら居らねーわ(笑)」
と笑って、俺はその子を見送ったんだけど。


なんだかやっぱり。
さみしいんだ。

結婚をしない人生、一生一人で生きる人生を受け入れたつもりなのに。
それでもやっぱりどこかで、それを否定したい俺がいる。

なりたい自分を思い浮かべると。
あまりの現実味のなさに、笑ったらいいのか、泣いたらいいのか、わからなくなる。

「結婚して、子供と一緒にTVゲームやればいいじゃないですか」

「好きな人と一緒に居れば、頑張ろうって思えますよ」

……全部、バカみたいに、突き刺さった。
自分より、10歳も年下の女子高生の言葉が。
痛くて痛くてたまらなかった。

「それでも俺は、一人が楽なの」




俺はどれだけ、他人に嘘をついて生きていかなきゃいかんのか。
嘘をつく選択をしたのは俺なんだけど。
その選択をしなきゃいかんように仕向けられているような世間を恨まずにはいられない。
そんな八つ当たりで夜の闇を全力で走ったって。
さみしさで満ちた気持ちは、何一つ晴れなかった。

「好きな人と一緒に居れば」

好きな人と一緒にいられれば。
こんなに泣きそうな夜はこなかったんだろうか。

一人で生きていく方法。
今、知りたいのは、ただ、それだけ。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

| 日記 | 20:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人を好きになることは、例外なく、素晴らしいことだと教えられた。
人を好きになる気持ちは、尊いものだと教えられた。
友達に好きな子が居るからって馬鹿にしちゃいけないと教えられた。




でも。




それは全部、「普通の人間」の話だった。

僕みたいな人間が人を好きになることは。
「気持ちが悪い」ことだと知った。
僕みたいな人間が、人を好きだと思う気持ちは。
尊くもなんともないということを知った。

僕が好きな子の話なんてしようものなら。
たちまち僕は「友達」と呼んでもらえなくなるということを知った。


この嘘に満ち溢れた世界で。
ただ僕だけは。
ありのままでいたいと願うことさえ。
それはたぶん……。



「一生独身なんて寂しいよ」

うん。俺も、そう思う。

でも、ダメなんだって。
僕は結婚を、してはいけなんだって。
好きじゃない人となら、していいんだって。

おかしいよね。

おかしいよ。



いや。
おかしいのは、俺なんだ。
ごめん。
わかってたはずなのに。
苦しかったから。
常人ぶってみたかっただけなんだ。

自分が自分を受け入れてさえいれば、何の問題もない。
その原理はわかる。
けどどうしても。
他人からも、受けれいて欲しいと思ってしまうのは。
わがままなんだろうかな。

他人。
そんなもののせいで。
こんなに苦しいんだよな。

全部いなくなっちゃえばいいのに。
そしたら、きっと……楽なのに。

でも、それよりももっと簡単なのは。
自分がひっそりと。
いなくなってしまうこと。

だからきっと。
あの子は自ら、命を絶ったんだ。

優しい子だったから。





「愛」の歌は世界に溢れてるのに。
……悲しいね。

悲しいね。

| 未分類 | 17:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もう生きたくない

雨の中を一人で旅するすずめのように
一緒にいてくれる友達もいないから
どこからきてどこ行くのか
それがなぜかも分からない
何より、醜いことをしあう人間に疲れたんです
毎日世の中の苦しみを感じ
耳にするにも疲れた



グリーンマイル。
本当に良い映画。
ラストシーンをちょろっと見返しただけで、涙が止まらなくなって。
もう、寝るに寝れなくなった。

今までは、ただただジョンが可哀想で。
どうしようもない理不尽に涙がこぼれた。

今回は。
大事な人を、自分の手で、自分の目の前で、死刑にしなくてはいけなくなった時の事を想像して。
あまりの辛さに、涙が止まらなかった。


もう、何度も見たのに。
何度見ても泣けるんだよ。
結末なんて変わりはしないのに。
でも、それでも「もう生きたくない」という彼に、生きていて欲しいと願ってしまうんだよ。


「感動する映画」
でググッてみたら。
なんだか色々列挙されてたから。
休みの日に一本ずつくらい見てみたいなぁなんて思った。
思っただけで、たぶん、できないかもしらんけど。

とにもかくにも。
グリーンマイルはオススメの映画なんです。
見たことない人なんているの?ってくらい有名な映画ですが。
見たことない人がいたら是非見てもらいたい。
そんな映画。

| 日記 | 03:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |