FC2ブログ

もすけブログ

ゲイイラストを中心に活動するもすけの本拠地。

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

別府競輪の選手たちはとてもユーモラスな人達だった。

競輪選手の太ももの感じでご飯三杯はいけます。
どうももすけです。

ということで、あまりにも不埒な心を胸に抱きながらyoutubeにて
「競輪」という言葉を打ち込んだわけです。

したら出ました。



もうね。
これ見終わった後、俺の頭の中に
「ぶっとい太もも(*´д`*)ハァハァ」
なんて気持ちは微塵もなかったですww
普通に笑かしてもらいました。
最初は、「え?何?どういうこと?」ってなるんですが。
単純に別府競輪のCM集です。
後半に行くにつれて加速する面白さを、堪能していただけたら。
笑いあり、涙ありの、センス溢れるCM達です!!

因みに、今回張ったのが第二章らしく。
第一章もあるようなので、今からそれ見てきますww

ではノシ
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

| 日記 | 03:02 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

消してしまった

先日完成させた、陸ん家のお風呂の背景。


手違いでまるまる消えた…orz


やぁ…………。
これ……。


ガチで凹む……。


一度描いたもんだから、同じように描き直すのはそりゃあ前回より楽だけど……。
この悔しさはどうしたもんか。
数時間かけて書いた日記が丸々消えた時を遥かに超える切なさ。
同時に、どうしてもっと注意してデータを取り扱わなかったのか、という悔恨。


あー……馬鹿やなぁ。
会心のできだったんだよ……本当に。



あーもうええで!!
消えた奴よりも、もっともっと良い背景にしてやんぜ!!
こなくそーーーーーーーーー!!

| 日記 | 23:47 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ムキショタ

なんか、自分以外でも吉里吉里で同性愛的なゲーム作ってる人おらんのかなぁ~。
って思いながらネットをサーフィンしてましたところ。
結構いらっしゃいました。
っつーか、他の人達クオリティ高ぇなおい!!
なんて思いつつ凹みそうになる心を自制。

で。

幾つか見つけたゲームの中でも、異色の作品を今日は紹介したいなと。

その名も「ショタマッチョ」!!

もうこれ、タイトルだけ聞いたら、「ショタ×マッチョ」って脳内変換されて、
小さい頃の悟空がナッパを激しく攻め立てる様な、そんな「はぁはぁ」なものを思い浮かべちゃう僕なのですが。

現実はそんなに甘くありませんでした……(遠い目

char_4.png

メインの攻略キャラはこの子。
どっからどう見ても、しょったしょたの男の子「亜貴」君。
こう見えて22歳らしく。
職業も保育士。

「えー!!この見た目で22歳て!!しかも保育士てー!!保育されてる士の間違いちゃうのー(笑)!!」

と突っ込みを入れてしまったあなた。
その突っ込みも徒労に終わることでしょう……(遠い目2

still_1.jpg

見てくださいよ、この主人公と亜貴君のほのぼのした感じ。
良いですね……良いですよ。
こういう雰囲気ならおじちゃん全然好きですよ。

けどですね……
この亜貴君……。

本気を出すと

back_4.png

マッチョになるんですよ……(遠い目3

なんか最初は「プレイヤーが悪ふざけで、アイコラしちゃったのかな(笑)」なんて思ってたんですよ。
けど、これ公式設定なんですよ……。

やー。
なんか凄いゲーム見つけちゃいましたぜ(笑)
でも、こういうノリ嫌いじゃないですww

ぜひぜひ、公式サイトでその全貌をご覧になってください!

| 日記 | 15:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界が違ってみえた

絵を描くすべての人へ。
僕はこの本を薦めたい。

カラー&ライト

僕の絵に関する知識ってのは独学だから。
初歩中の初歩のことでも知らなかったりします。
この本に載ってるのは、色と光の事。
今まで自分が、どれだけ色と光について知らずに着色をしてたのかが分かった。

美術。
知れば知るほど奥が深い。
描く対象物に関する知識は勿論の事。
一見関係ないようなことも、凄く大事だったり。
もっと、色々勉強しておけば良かったな。
屈折の事、透過の事。
当たり前のようで、だけど言われなきゃ気付けない事。
いっぱいある。

4000円と値ははるけど。
知識を金で買えると思えば高いと言うことは無い。
むしろ安い。
ただ、すでに色についても光についてもある程度知ってる人が買う必要は無い。
そんな本。

| 日記 | 03:16 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この世界で一人ぼっち

どういう訳か発熱しました。
どうももすけです。

前回の記事で。
なんとなく、似た感覚の人が多い事を知った僕。

それならたぶん。
この曲も好きなんじゃないかと思ったので。


ぺたり。

AJISAIっていうバンドの新曲です。



↑これは随分前のアルバムの一曲。
歌詞がもう、一つ前の記事と所々かぶってたので、久しぶりに聴いて驚いた……っていう。


来月には藍坊主がシングルとアルバムを出すらしく、凄く楽しみ。
先月発売したLUNK HEADのアルバムもすげー良かったし。
あとは、amazarashiが新曲を発表してくれたら言うことなし。

もう三月も終盤かぁ。
早いもんだなや。

先日、鏡に映った自分の裸体を見て「きもっ」って思った僕は。
昨日、思い立ったように筋トレをしてみた訳です。
もちろん、筋トレサイトでの下調べは欠かしません。
素人がいきなり阿呆みたいに全身の筋肉を鍛え始めたら間違いなく失敗するな。
と思った僕は、ひとまず肩の筋肉をバルクアップさせて、
シルエットを強靭にしようと企みました。
我ながら天才的なアイディアにぐへぐへ言いながら、ダンベルを握る僕。

現在、肩付近の筋肉痛で頭痛いです……orz
え、何これ。肩こりで頭痛くなるのは分かるけど。
筋肉痛で頭いたくなるのコレ。
以前、筋トレ前にウォームアップを怠った為に頭痛を引き起こしたことはあったのですが……。
筋肉痛で頭痛いのは初めて……。
苦しい。やめたい(爆)

とりあえず、肩が筋肉痛の間は他の箇所を適度にやってみます。
……ボディビルダーの方々のような強靭な肉体は要らないから、
せめてこう、シルエットで「お」って思えるような体つきになりたいもんだなぁ……。

あ。
もちろんゲームも作りまっせww
「筋トレに熱中しすぎてて、ゲーム完成しませんでした。サーセンww」
なんてムッキムキになった僕が全裸土下座画像をUPするのも、
それはそれで面白そうですが、そもそもムッキムキになどなれるはずがないので、
どっちも適度に頑張りマッスル!(←気分だけでもマッチョマン

| 音楽 | 04:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もやもやもやも

ここ数日。
なにやらもやもやとしている。
陰鬱とした気持ち。

古くからの友人と。
もう何年も会ってないこと。
会いたいな、なんて思いつつも、なかなか会えずにいること。
そう考えているのが、なんだか自分だけみたいで、すこし、寂しいこと。

自分には何もない。
そんな風に思っている僕が。
他人からはそうでもないと思われているらしく。
そのせいでなんだか最近、迂闊に自分を卑下できないこと。
からっぽなのに、からっぽだと言えないこと。

街で見かけた、アイツとよく似た服のセンスの人。
同じ苗字の芸能人。
今でも少し、胸がきゅっとすること。

以前ほど、自分が絶対的な不幸を抱えているという実感はない。
いろんなゲイの人と、出会ったから。
仲間が居るって、心強いね。
けど同時に。
出会ってしまった事で知る寂しさもある。
ゲイでも幸せになれると知ったからこそ。
今の自分が悔しい時がある。
仲間だと思えば思うほど、裏切られた気持ちになる不思議な現象。
久しぶりにログインしたツイッターは。
「@~」の楽しそうなつぶやきばかりで、とても見てられなかった。

一進一退の日々。

高校時代の友人に向けて。
打ったは良いけど、出せなかったメールが数え切れないほどある。
久しぶりに今度会おう。
そんな内容のメール。
「迷惑かな」なんて思ったら。
途端に出せなくなって。
馬鹿らしくて、送れなくなる。
それに。
寂しいのは僕だけで、むこうは新しい生活を満喫して、
社会人としての日々を謳歌してるのかと思ったら。
恥ずかしくて、駄目だった。


そうこうしてる内に、すっかり日は昇って。
もう、近くの小学校が賑やかになり始めてる時間。
だけど今日は、なんか静かだと思ったら、どうやら今日は祝日らしい。
同時に姉の誕生日でもある。
同時に過去地下鉄サリン事件が起きた日でもある。
だからなんだっていう話でもある。

とりあえず今日はもう寝よう。
明日はバイトが休みだから。
起きたら洗濯機を回して、誕生日ケーキでも買いにに行こうか。
その前にイオンに買出しに行かないとな。
帰ったらゲームの背景を描こう。
少しずつだけど、背景を描くのが早くなってきた気がするんだ。

おやすみなさい。

| 日記 | 08:09 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もすけ、英語デビューする?の巻き

仕事中に閃いて。
「よし!今日家帰ったらブログに書こう!!」
と思っていたことをことごとく忘れ去っていく男、もすけです。

ちんポジについては覚えてるんだけどなぁ……。
あの~……下の毛がですね。
仕事中に息子様の皮に挟まって、そりゃあもう、すげー痛くて。
でも仕事中(レジ)だったから、直すに直せなくて。
約1時間苦行を強いられた――

――っていう、恐ろしくどうでもいい話は覚えてるんだけどなぁ……。



そんなこんなで、もすけさん。
外国の方向けのサイト「Japanese Gay Art」様にて紹介してもらっちゃいました☆(てへぺろ
僕の記事にピンポイントで行く場合はこちらから♪

いや~、ありがたいことですよ、本当に。
で、サイトに飛んでもらえると僕の自己紹介が英語で書かれているのが分かると思います。

(・ε・)「この英文、もすけさんが自分で文章書いたの!?」

(´_ゝ`)「HAHAHA!んなわけないよね!もすけさん中1の時点で英語あきらめたからね!」

(・ε・)「ばかまるだしじゃねぇか」

(´_ゝ`)ノ)Д`)グイッ 「それ以上言ってみろ。穏やかではいられないぞ」

(´_ゝ`)「まぁ、その辺はほら、あれだよ。「Japanese Gay Art」のスタッフさんが訳してくれたのだよ」

(・ε・)「ふーん。別に興味ねぇし」

(´_ゝ`)ノ)Д`)グイッ 「……………………」


ということなんで、まー他の人の記事は何かいてあるのかさっぱりだよね(笑)
でも、色々見てみると、知ってる人とかもいたりして。
その中に自分も混じってるのが何か嬉しいような恐ろしいような……。

とりあえず、ちょっと元気でたんで。
引き続きゲーム作り頑張ります!
(`・ω・')ヾしゅびっ

| 日記 | 06:53 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愚かなドリーマー

花粉症がじわじわきてます。
もすけです。

今日はBUMP OF CHICKENの話を。
言わずと知れた超メジャーアーティストですね。
ここまで有名な何かの話をするのって。
僕のブログじゃ珍しいかもしれません。

僕がBUMP OF CHICKENを「好き!」って思ったのは高校生の頃。
ちょうどCDを漁ってた時期ですよ。
某レンタルCDショップで、色んなアーティストの歌詞カードを見まくって、
好きな歌詞の曲やアーティストを探してた時。
ぐっと来る歌詞を見つけたんです。
Title of mine」って曲。



こっからドンドンBUMP OF CHICKENにはまっていきました。
後は、「ベル」って曲の歌詞も好き。
勿論、「天体観測」「車輪の唄」「ハルジオン」といったバリバリのA面曲も好きなんですが。
歌詞で言うならB面の曲の方が深くて暗くて好きです。

最近の悟りきった感じの歌詞よりは。
デビュー当時の青臭い歌詞の方が圧倒的に好きです。
といいつつ。
最近の「真っ赤な空を見ただろうか」や「魔法の料理」なんかは好きで。

ゲームやアニメに楽曲提供もしていて。
特に、劇場版ワンピースの「sailing day」や
テイルズオブジアビスの「カルマ」なんかは、
作品の世界観にガッチリはまった歌詞で。
やっぱすげぇな……なんて思いながら聴いてました。

他にも、「ダンデライオン」「K」「グングニル」「supernova」「ハンマーソングと痛みの塔」等々。
挙げだしたらきりが無いくらい名曲揃いの、モンスターアーティストです。
特に「ダンデライオン」と「K」はBUMPの中でも動物系と言われる名曲で、
どっちでも泣けます自分。

暗めの世界観が好きな人には、漏れなくおススメできるアーティスト。
聴いた事ない人が果たしているのかどうかは分からないのですが。
もし、万が一居た場合は、是非聞いてみて欲しいです。

一番とっつきやすいアルバムが、個人的には「jupiter」ってやつだと思うので。
どれから聴いたらいいか分からん!
って人は、それから聴いてみてもらえたら。

| 音楽 | 07:24 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あれから1年




言わずと知れたあの大震災から1年。
数え切れないほどの犠牲者の方々に。
心から冥福をお祈りします。

よく。
「被災者」という言葉を耳にしますが。
たぶん。
この震災の被災者ってのは。
津波の直撃を受けた町の人々はもちろん。
原発の側で暮らしてた人達。
震源からは遠くても、強い揺れを感じた人や、
遠くの町で、被災地の事を心配してる人々。
外国で、日本に来るのを楽しみにしていた方々。
その全てが、被災者なんだろうなって思います。

そう考えると、あの震災は本当に。
多くの人間に災いをもたらしたんだなって。
悔しくなります。

以前書いたかもしれませんが。
僕の田舎は福島で。
従兄弟夫婦と、その子供達が津波の被害にあいました。
従兄弟は民家の屋根にしがみつくようにして、亡くなっていたそうです。

親戚にそれほど興味関心のない僕も。
「ふーん」と聞き流せる話ではありませんでした。
その時の恐怖や孤独を想像すると。
どうしても、目頭が熱くなるのです。

忘れたいけど。
忘れてはいけない出来事。

たぶん。
これから毎年。
3月11日には思い出すんだろうと思います。
一分でも、一秒でもいいから思い出して。
目を閉じます。
そして、思い浮かべます。
居なくなってしまった人達が、確かに居た事。
正直。
あまり覚えてないんです僕。
死んでしまった従兄弟の事。
でも。
死んでしまった従兄弟の事を思い出して目に涙を浮かべる「叔父さん、叔母さん」の顔ははっきりと瞼に焼き付いているんです。
だから。
それ頼りにでも。
従兄弟の事。
他の、なくなった方々の事を、僕なりに、祈れたらなと思います。

そして今。
首都直下型の大地震が危ぶまれてますよね。
実際に震度7以上の、大地震が来たら。
備えなんて気休めなのかもしれませんけど。
でも、何もしないよりは、した方が絶対にいいと思うので。
皆さんも、備えはしっかり――

――と言いつつ。
自分がまだ、全然備えられてないんですけどね(笑)

| 日記 | 05:19 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

結果論や正論が必ずしも弱っている人を救うわけでは無い

ふいに。
傘も持たず、雨の中を走りたくなる事がある人。
普通に考えれば、「何を馬鹿なことを」と思うだろう。
だけど、当人にしてみたら、大事な事なのだ。

「風邪を引くからやめろ」
「そんな事して何の意味がある」
「そんな暇があれば、勉強でもしろ」

それも優しさ。

「おう、頑張ってこいよ」

これも優しさ。
プラス

「風邪なんか引いたって、俺が看病してやるよ」

これぞ男である。
男子力MAXである。

俺は、そんな男になりたい。

| 日記 | 03:51 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

閉館

もすけの処女漫画「ボクスタ」や、イラスト展示「火華の宴」でお世話になった、
神奈川レインボーセンターSHIPさんが、3月の10日を持って閉館するようです。
僕みたいなゲイや、ビアン……さまざまなマイノリティにとって数少ない
「居ても良い場所」だったように、僕は感じていたので、凄く残念です。
隠れ家的な。
二丁目ほど敷居が高くない、学生さんも安心していける場所でした。

SHIP閉館に際して、クロージングパーティを行うみたいです。
SHIPに行った事はないけど、行ってみたかった人。
SHIPに行った事があって、また行きたいと思ってた人。
これが恐らく最後のチャンスだと思うので。
是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。

僕も。
ちょっとだけでも、挨拶といいますか。
顔出し的なアレをしてこようと考えています。
恐らく自分、ぼっちなので……。

「べ……別に一緒に行ってあげてもいいんだからねっ!!」

っていうツンデレな人がいらっしゃったら連絡下さい(笑)

しかし……。
閉館する場合って、何か献上物を持参するべきなのだろうか。
お祝い事……って訳でもないからなぁ。
何も持ってかないのがベストなのだろうか……。
それとも、消え物の酒でも持って行った方がいいのか……。
うーむ。

| 日記 | 05:08 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨の遊園地

ここ数日は雨降りで。
トイレの窓から聞こえる雨音が。
シトシトと心地よい。

バイトに行かなきゃいかんから。
そんなときは少し、雨が嫌い。
自分勝手で身勝手な。
典型的な自己中心人間、俺。

前回の記事が比較的長めだったので。
緩急つけるために今日は短め。
そんなことまで考えられるようになったんだぜ、俺。



雨の日にふと聴きたくなる一曲。
「雨の遊園地」。
青いベンチで有名になったサスケさんの楽曲です。

以前好きだった人が、カラオケで歌ってて痺れた曲。
原曲よりも、その人が歌った青いベンチの方が良かったのは。
たぶん絶対好きな人補正だと思うww

女々しい歌詞が俺はやっぱ好き。

| 音楽 | 14:02 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆるキャラの陰と陽

おチンコ様を「肉棒」と言い表せる事を知った時の衝撃は今でも覚えています。
どうも、もすけです。

や。
これからゆるきゃらの話をするのに、初っ端下ネタですみません。
でも肉棒て……ホンマ淫靡な響きやで。



さて。
早速ゆるキャラの話なんですが。
皆さんは「くまモン」って知ってますか?

くまモンプロフ

↑この子です。
熊本のイメージキャラクターという事で。
去年行われたゆるキャラ(R)グランプリ2011というコンテストで、
見事第一位に君臨したのが、このくまモンです。
意外に知らない人が多いみたいです。

確かに可愛いですわ。
今や、熊本県がこのくまモンにかなり力を注いでるのは、
くまモン公式サイト」なるものがある事から、あまり賢くない僕でも分かります。
くまモングッズ、くまモンブログ、くまモン体操、くまモン壁紙……etc
もう、くまモン一色ですぜ。

そして遂に。
僕の働くスーパーでも、くまモンをPOPにしてました。
くまモン

熊本の「とまと大福」っていう菓子です。
とまと姫っていう、これまた可愛らしいゆるキャラとのコラボ商品みたいで、
業者さんからのサンプルも頂いたのですが。
……残念ながらおじちゃん、トマトが苦手なのであります……。
(´・ω・`)

なので、サンプルを食したパートさんの感想を丸々パクッて、お客さんに宣伝しときましたww
「トマト自体はフルーツトマトなので、甘くてフルーティ。
大福が甘すぎるという事もなくて、本当にお菓子感覚で頂ける商品です~♪」
ってな事を白々しく言ってました。
当然
「まぁ、パートさんの受け売りなんですけど」
という事も添えましたよ。
俺偉い。


さて。
ゆるキャラグランプリのサイトをちょっと見てもらえると分かるのですが。
このくまモン。
287315ptというptを獲得して、およそ350体ほどのゆるキャラの中、ぶっちぎりで一位を獲得してます。
圧倒的人気を誇るくまモン。
おそるべし。

……しかし。

一位のゆるキャラがいれば、もちろん最下位のゆるキャラも存在します。

今日。
僕が紹介したかったのはくまモンではなく、こっちなんです。
要するに、ここからが本題ですww


では満を持して登場していただきましょう!!
長野県が誇る「日本一人気が無いゆるキャラ」!!
松ぼっくりの「まっくん」です!!

まっくん

どーーん!!





………………。





まぁ。
言いたい事はわかりますよ。
確かに可愛くないし、え?どこが松ぼっくり?って話なんですよ。
本人もPRコメントで
「とうもろこしじゃないよ」
って言ってましたしww

しかし。
このまっくんの魅力は、まっくんの公式ページを見ると、分かってもらえると思います。

注目は「まっくんサクセス・ストーリー」。
若干オタク臭のする文章ではあるのだけれど、それが逆に香ばしくて好きww
第二話のまっくんの呟きには笑わせて頂きました。


という事で。
第一位が発表されると、どうしても最下位が気になってしまう性分の僕なのです。
つまるところ、好きな人の良い所も悪い所も加味した上でその人を好きって言える大人な男なのです僕は!
(`・ω・')きりっ


……………………。


っていうか。
個人的に可哀相なのは、最下位から二番目だと思うんですよね。
星座占いなんかでもそうですよ。
一位は当然良いとして。
最下位も、なんだかんだで「アドバイス」とか貰えるじゃないですか。
そうなってくると、一番ついてないのは11位の星座なんじゃないかって思うんです。

とにかく。
ゆるキャラグランプリのサイトで、自分の住んでる県のゆるキャラを調べてみるのも楽しいですよ。
因みに僕の住んでる神奈川県のゆるキャラは

ディスカバチャーリー23世 チャリ太
こけ丸
あゆコロちゃん
たかたん

の4キャラでした。

…………。

何こいつら(笑)
名前だけじゃ何がなにやらだよ。
「あゆコロちゃん」と「たかたん」は百歩譲って可愛いとしても。
他2人に関しては論外だよ。
恐怖すら覚えたよ。

やっぱ、熊本県のくまモンは優秀なんだなぁ……うん。
と思ってくまモンのエントリーページ見たらそうでもなかったww

ってか、単純に「熊本」って名前がチート臭いww
神奈川ってどう考えても名前に組み込み辛いよ……。

| 日記 | 06:13 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レジェンズと同じ監督。

「生きてれば、絶対に良い事あるさ!!
今まであった嫌な事、全部帳消しになるような!!
そんな良い事がさ!!」

自分が。
実際に誰かにそんな事言われたら。

「うっさ」

って思っちゃうだろうけど。
だけど不思議と劇中のその台詞を聞いて。
僕は泣かずにはいられませんでした。

理屈とか、常識とか、根拠とか。
そんなもの全部吹き飛ばしてくれる主人公。
この作品の主人公からは、ワンピースのルフィのような。
そんな力強さを感じました。

よくこの手の主人公は。
口ばっか・綺麗ごとしか言わない・考え無し・馬鹿っぽい。
色々批判されがちですが。
僕はむしろ。
「黙って俺について来い!!」
型の主人公が大好きです。
それについて行くかどうかを決めるのは、結局自分な訳で。
半ば強引に仲間に誘われたとしても、「行く」と行った時点で責任は自分にあるんです。
行きたくなければ、行かなきゃいいんです。
それを責任転嫁して「付いて行かなきゃ良かった」「期待はずれ」とか。
おいおい、って思います。

あれ。何の話だこれ。

話を戻します。



「……憎まれるために産れてくる子供なんて居ない」

この台詞も、どうしようもなく苦しかった。
「そうだよね」
って全力で言えない自分。
それでも、そう信じたい自分。

ちょっと昔(1999年)の作品ですけど。
色々考えさせられる作品です。

という事で、今回はお勧めのアニメの話。

沢山人が死ぬアニメ。
だけどそれでも、希望の残るアニメでした。
「今、そこにいる僕」。
こういうアニメ大好きほんと。

今、そこにいる僕

多くは語らないです。
1999年にwowowでやってたアニメです。
ちょうどポケモンの裏番組だったので、知名度もくっそ低いと思います。

マイナーな名作を探してる方は是非。
決して明るいストーリーではない事と。
万人受けはおそらくしないであろう事を前もって。

昔も今も。
名作は名作だ、うん。

お暇があれば是非。

| アニメ | 04:51 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |