FC2ブログ

もすけブログ

ゲイイラストを中心に活動するもすけの本拠地。

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

そこに安らげる居場所はあるのかい

3年間。
片想いをしています。
同じ職場で。
同じ部署で。
笑顔が最高に可愛い人。
好きって言ってくれた人。

好きだ何て言われたら。
「まさか……」って
ちょっとだけ期待しちゃって。
腰が砕けるほど嬉しかったけど。
僕の期待するものとは違った。

確かに僕は冷たくしたし。
大嫌いだ何て言ったりもした。
だけど、一番最初に僕が言った
「絶対に嫌いにならない」
っていう言葉をずっと信じてくれて。
繋いだ手を握っててくれる。
僕がどんなに振りほどこうとしても。
断ち切ろうとしても。

本当に大好きだ。

そう思う。

これからもずっと、一緒に居たい。
ただの友達でも、何でもいい。

だからこそ今は。

距離をおきたいって思うんだよ。
今の僕のこの感情が消えて。
君をただの友達と思えれば。
せめて君を傷付ける事だけはしないで済むと思うから。

自分勝手で独りよがりな思考。
それを承知で突き進む僕を許してくれるかな。

10年後の僕に期待を込めて。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

| 日記 | 14:50 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブログやって良かった。

ネット上に、こんなに親身になってくれる人が居るなんて。
正直思ってませんでした。
皆冷たくて、素っ気無くて。
相手の正体も何も知らないから好き放題で。
信じたら裏切られるような世界なんだろ、って思ってました。

ほんの気まぐれのコメントかもしれないし、
ただの暇潰しだったのかも知れないし。

けど、そのコメントで自分は嬉しくなったし、元気が出ました。
ネットも捨てたもんじゃないですね。
一つ、夢ができました。
まだ恥ずかしくて馬鹿にされそうで、ちょっと言えないですけど。
その夢に向かって頑張ります!!

20081223.jpg

↑新作です!

お父さんとお風呂に入った記憶が無いんで、
自分の願望がモロに出てます(笑)
こんな風に裸の付き合いをしてみたいもんです。
自分の親父とは死んでも嫌ですが、
↑みたいなお父さんとだったらもう、のぼせるくらいにずっとお風呂はいってたいです。

| イラスト | 01:25 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あんたの正義じゃ俺は救われない

今日。
友達と電話で話しながら、泣いた。
声を殺して泣いたから、きっと悟られてないと思うけど。

ノンケの友達。
以前、好きだった人。

彼なりに僕を励ましてくれていたのだろうと思うけど。
僕がゲイだと知らない彼の励ましは、全てが苦しかった。

「僕は子供を作れないんだ」
「僕は好きな人に好きという事もできないんだ」

そんな言葉が、何度ももれそうになって。
堪えきれずに、涙が溢れた。

僕は頑張ってる。
自分でいうのもなんだけど。
大好きな人とキスをすること。
大好きな人と家庭を築くこと。
きっと僕にはできないから。
だからせめて、一人で生きられるようになろうって。
自分なりに、絵で食っていけるようになろうって決めて。
ずっとずっと、頑張ってた。
皆がクリスマス、恋人と過ごす中。
僕は一人で絵を描いてた。
皆が夜、恋人と交わる中。
僕は一人でペンを握ってた。
それで良いんだって、自分に言い聞かせて。
皆だけじゃなく、自分にも嘘吐いて、欺いて。

だけどいつも、虚しさが消えなかった。
生きる意味。
死ぬ事の答え。
命を繋ぐ事。
意志。
夢。

「壁は乗り越えなくても良い。
 壁を乗り越える事が目的じゃないだろ。
 遠回りしてもいいじゃん。
 ちょっと戻って、別の道から行けば辿り着けるかもしれないじゃん。
 頑張れよ」

……うん。ありがとう。

だけどね。
僕の前に立ちはだかるのは「壁」じゃないんだ。
「無」なんだよ……。



全てが悲しかった。
感傷に浸りすぎなんだろうけど。
それでもやっぱり……涙が止まらなかった。

心なんて無くなればいいのに。
せめて俺の心一つぐらい。

| 日記 | 03:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夢精

昨日あんだけ嫌な事があって。
なのに今日、夢精しながら目覚めた。
もう最悪です。
惨めったらしいです……。

けど、どうでもいいですけど夢精って地味に気持ち良いなと思います。
普段そこまでイク感覚って持続しないのに、
夢精の時は「……ちょ……え、そんなにイクの!?」みたいな。

ただ、下着が汚れるのが困りますね、アレは本当。
大概黒のボクサーパンツなんで平気なんですけど。
しかし、風呂場でこそこそとパンツ手もみ洗いするのが本当に情けない(笑)

| 日記 | 03:48 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

叫ぶ声は誰が聞いてくれる

助けて下さい。
助けて下さい。

そんな風に叫び続けた。
だけど誰も見向きもしてくれなかった。
それは当たり前。
僕は笑ってた。
何も問題ないように。
ただ笑ってたから。

今日は忘年会でした。自分は忘年会とか苦手です。お酒を沢山飲むほうではないし……っていうのも、ベロンベロンに酔っ払ったらきっと、要らんこと言っちゃいそうで。自分がゲイだって事とか。それは極力避けたい事態なので意識がなくなるまでお酒を飲む事は、まず無いです。それからなんか、ああいう盛り上がった場所って、自分の居場所が無いっていうか……。

「俺、居ても居なくても変わらなくね?」

って思ったら途端にどうでも良くなって。途中で抜け出してきちゃいました。
抜け出した理由は他にもあって。
その場に自分の好きな人も居たんですけどね。
やっぱり自分、その人が他の人と楽しそうにしてるの耐えられないです……。
変な女とイチャイチャしたり、耐えられないです……。
他にもBLの漫画の話になった時は「ありえない」とか。
BLのそれと自分とは、少し毛色は違いますけど。
根幹は一緒な訳で。
ゲイ。
それを否定された訳ですから……。
ダメージはでかかったです……。

「有り得ないよね」

なんて、笑ってる自分が何より有り得なくて。
ただ泣きたかったです。

帰り道。
見上げた夜空は曇っていて。
星一つ見えなくて。
まるで俺みたいだなって、なんかセンチメンタルでした。
希望なんて少しも無い。
光なんて少しも見えない。
生きてたって良い事なんて無い。
そんな風に言ってる時点で駄目だって、それは分かるけど……。
だけど痛いっス……。
胸が痛くてたまらないっス……。

「帰らないで下さい」

って言って欲しかったなぁ……。

| 日記 | 00:21 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

笑顔に爆裂弱い俺

prof.jpg

自分が尊敬する児雷也さんのイラストで、爆裂に可愛い笑顔を発見したので、思わず自分でも描きたくなって描いたのが↑。

あの~、こういう笑顔ヤバイっス。どんなに性格悪くても、一発で心持ってかれる気がします(爆)
なんていうんだろう。これ、どういう類の顔なんだろう。
とりあえず

(´・ω・`)

↑こういう顔(笑)


いま自分が好きな人もこんな類の顔なんですけど。
いや~!何でノンケなんだろう(笑)!!
勿体無いでしょー!!
くっそー!!


| イラスト | 23:16 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そして遠い未来の君の横。今日と同じように僕は居ますか。

AJISAIっていうアーティストが大好きなんです。
他にも、「ランクヘッド」「藍坊主」「メレンゲ」なんかも凄い好きです。
なんていうんでしょうか。
男や女が具体的に書かれてないから。
ゲイの自分でも共感できる部分が沢山あったりする。
凄く後ろ向きで、だけどどこかにほんの少しの希望を含ませていて。
泣きたくなったりする楽曲達。
あと、HYのNAOって曲への感情移入度は半端無い。

「あなたが好きなあの子になって聞いてみたい。
 好きと言われることがどんなに幸せか感じたい」

たまらんです。


本当はコブクロなんかも好きになれるはずだったのに。
自分の好きな人がコブクロを好きだと言うから。
それだけでもう嫌いだった。
コブクロの歌う愛や希望や友情の全てがなんだか彼の言葉に思えて。
それが僕以外の誰かに向けられているんだと感じて。
胸が苦しくて耐えられねっス……彼等の歌は。
だから、コブクロはどうしても聴けない(笑)

先日。12月4日で僕はめでたく22歳になりました。
彼からの連絡が一切なくて。
自分の誕生日なんて忘れちゃったのかな、なんて一人寂しくなって。
そりゃ普通、男友達の誕生日なんて祝わないよ。
だから、もう諦めて開き直ろうって思って。

けど、最後の最後で君がくれたプレゼント。
ハッピーバースデイの歌を歌いながらくれたプレゼントは、僕の好きな作品の資料本だった。
どうしようもなく嬉しかったけど、同時に今まで以上に膨らんだ気持ちのやり場に困った。
抱き締めて唇を重ねられたらどれだけ良かっただろう。
大好きで、大好きで、大好きだ。
学校の帰り道。
ちょっとだけ寄り道して、選んでくれたのかな。
何を選んだら喜ぶかとか、どれは持っていそうだとか、考えてくれたのかな。
そんな風に思ったら胸が一杯になった。
自分の事を少しでも考えて過ごしてくれた時間が確かにあったんだって。

チューしたい(笑)

| 日記 | 00:29 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |