FC2ブログ

もすけブログ

ゲイイラストを中心に活動するもすけの本拠地。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【音楽】ひとりじゃないとか思えない日もある。

やっぱり大きな寂しさがあるから。

ということで、BUMP OF CHICKENがやっぱり大好きなもすけです。
大好きと言いつつ、CD1枚も持ってない、にわかファンなので
「昔のBUMPじゃない」とかいう謎な台詞は吐かないのでご安心を。

ただ藍坊主。お前はダメだ。
彼らに関してはヒロシゲブルーの時代からCDを買い続けてきたので言わせてもらう。
ど う し て そ う な  った !!
たまに好きな曲もポロッと作ってくれるけど、完全に方向転換してしまったバンド。
藍坊主。

そんなもすけさんが今CDも買わずにyoutubeでプレイリスト作って聞いてる曲を書こうと思います。
なんでかって?…書きたいからに決まってるじゃないですか。


※以下、【曲名/アーティスト名】「印象的な歌詞」って感じで書いていきます。

【ソラニン/ASIAN KUNG-FU GENERATION】「たとえばゆるい幸せがだらっと続いたとする きっと悪い種が芽を出して もう さよならなんだ」
ソラニンの主題歌ソラニン。ジャガイモの目に含まれているあの毒性の物質のソラニンのことである。

【Survivor/BLUE ENCOUNT】「悲しむなって 今日は昨日より悪くないよ」
鉄血のオルフェンズの後期OP。「負けてたまるか」のとこで毎回たぎる。

【Black Guitar/天野月子】「ずっと知っていた あなたが電話に出ない理由」
もすけさんの数少ない友人の一人の子が「もすけさんが好きそう」と教えてくれた曲。キレイ事並べて去っていこうとする相手への気持ちを歌っているんだと思うのだけれど、まだまだ全然聴き込めてないからむっちゃ聞く。

【LEO/tacica】「キミのもう迷わないとは、只、群れをなして生きること」
ハイキュー!セカンドシーズンのED。インディーズの頃に少し気になって聞いてたアーティストがいつの間にか有名になってた時のこのフクザツな心境って何なんだろう。ある日突然沸き起こる、真夜中の焦燥みたいな曲。ハイキュー!のEDとしては、本当もう秀逸。

【サボテン/天野月】「あなたの傘になりたかった 木陰さえないのに」
これまた友人に教えてもらった曲。サボテン視点の歌詞というか。もっと突き詰めれば触れようとする相手を棘で傷つけてしまう女性の気持ちを歌った歌のように思う。わからんけど。そして、サボテンといっても、洒落たオカマが小鉢みたいなので育ててるようなチマッコイサボテンではなく、もう、砂漠とかにズドンと生えてる超でかいサボテンのイメージ。

【向日葵/藍坊主】「誰か分かってくれよ 一人じゃ破裂しそうだよ」
ボーカルのhozzyの個性が突き抜け過ぎてしまったが故に、個人的に守備範囲じゃなくなった藍坊主のPVを何の期待もせずに聞いたら、ちょっと「ハナミドリ」ってアルバムぐらいの感覚に近い感じだったら聞いてる曲。

【スペツナズ/岡崎体育】「写真を抱いた泣きじゃくる老婆 待ち望んだ言葉はいつも「ただいま」」
神曲。この曲だけをただひたすらリピートする時もあるくらい好き。体育さん、英文科だっただけあってか発音が良い。あくまで英語レベル中2で止まってる俺の目線で。あと、最近の体育さんの曲から入った自分としては「一切ふざけてないんだろうけど、どっかでふざけてんじゃないの?」と未だに勘ぐってしまうぐらい不自然なほどガチな曲。

【恋文/Every Little Thing】「僕が見つめる先にキミの姿があって欲しい」
なんかもう。終始胸が疼く曲。初めて聞いたのがヴィーナス&ブレイブスっていうゲームの2人のキャラのMADだったんだけど。想い合ってる2人が、世界の平和の為に1人は街に残り、もう1人は主人公たちと旅に出て、そのまま生涯を終えるっていうアレと絶妙にマッチしてて何度泣いたか知れない。「たとえば 僕のためと言ってキミがついた嘘なら 僕にとってそれは 本当で」「なるようにしかならない そんなふうにしては いつも手放してきたこと」「信じ続けることは とても容易くはないけど」とか、とりあえずもう、書き上げたい歌詞が多すぎてまとまらない。神曲神曲言いたくないけど、これも神曲。

【Ra:l Am/Aimer】「「側にいて」と抱きしめても もう2度と聞こえない君の歌声は」
ガンダムユニコーンのエピソード6のED。Aimerさんのこういう曲調の歌はガチ。かすれた声を出す為にワザと喉を少し痛め続けてるっていうのが本当かどうかは知らないけど、もし本当ならすごすぎるでしょ。プロ根性に脱帽。

【宝石になった日/BUMP OF CHICKEN】「ひとりじゃないとか思えない日もある やっぱり大きな寂しさがあるから」
ライブの後、家に帰った後の寂しさだとかを詩に込めたと藤原基央氏が語っていたような気がするけど、記憶は曖昧。ただ、似たような寂しさはたぶんきっと皆感じたことがあるだろうから、凄く共感できるんじゃなかろうか。キラキラと切なさが折り重なった、素晴らしい曲だと思う。

【アイネクライネ/米津玄師】「あなたにあたしの思いが全部伝わってほしいのに 誰にも言えない秘密があって嘘をついてしまうのだ」
米津さんを知る切っ掛けになった曲。BUMPやRADに印象が激しく被るがとても良い曲。カラオケで歌いたいけど絶対歌いこなせない気がする、そんな歌。



いま絵描いてる時にランダムにヘビロテしてるのが↑の曲達。
曲数的にこれぐらいがベストで、これ以上になってくると聞かずに終わる曲とかも出てくるし、
これ以下だと同じ曲を何度も聞くことになったりして飽きるので、これぐらいが個人的にベスト。
で、また新しく気になった曲ができたら、↑のリストから差し替えでぶち込む感じ。

っていうか暑い…。少しずつ体が夏仕様になっていってるとはいえ、暑さが苦手なもすけさんには、本当しんどい季節ですよ。部屋にクーラーないし。扇風機はあるけど。扇風機壊れたら死ぬと思う。割と真面目に。

あ、ついさっき気になるCM見つけたんだ。そうだ。

……と思ったけど。それはまた別の記事に書きます!
久しぶりの更新でしたが、読んでくれてありがとうございます!
ではまた!
(^^)ノシ
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

| 音楽 | 10:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

岡崎体育という人

先日、youtubeの「あなたへのオススメ」に何故か出てきた岡崎体育という人に今それとなくハマっているのですが、youtubeよく俺の好みが分かったなマジすげー。



↑MUSIC VIDEOあるあるをコミカルに歌い上げる「MUSIC VIDEO」って言う曲のMUSIC VIDEO。なんかいMUSIC VIDEOっていうの俺。

いい具合に不細工。
良い感じに太っている。
うん。たまらぬ。

で、気になったからyoutubeで他にもMVを見てたんだけど、なんかこう、中毒性高い曲が多い。


↑岡崎体育さんは現在26歳らしいんですが。らんま1/2知ってるあたり、歳の離れたきょうだいが居そう。


↑バンドに対する憎悪が溢れ出る快曲。聞き終わる頃には「バンドざまーみろ」って言ってるはず。


ここまでで。
ものっそいコミカルな曲ばっか書くんかとおもいきや。

↑こういう湿っぽい曲も書く辺り多才なのかと思う。音楽詳しくないから分からんけど。
っていうか、このスペツナズってMV、凄くシリアスなんだけど、
体育さんの顔が不細工過ぎてもはやギャグなのである(←良い意味で)



他にも

↑男子が10代後半から20代前半ぐらいで感じる哀愁だとか寂しさだとか。


↑浴槽で歌いながら、たまにウィンナー炒めたり滑り台でぬるっとしたりとか。

なんかこう。
たぶん個人的には、顔の好みで7割みてるんだろうけど。
残り3割は単純についつい聞いちゃう感じ。

そんな感じ。

| 音楽 | 01:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

命は虚しいでしょうか

僕はこの世界に失望しています。
でもそれは、この世界に期待していることの裏返しです。
ゆっくりと終わりへ向かう真っ只中、人の笑顔は虚しいものでしょうか。
命は虚しいでしょうか。
歌うことは虚しいでしょうか。

今までで一番悲観的なアルバムになりました。
でもそれは、この世界に期待していることの裏返しです。
虚しさに生きてそのさなかに笑えよ。さよならは一瞬だそのさなかに歌えよ。
amazarashi 秋田ひろむコメント


2016年2月24日に3rd フルアルバム「世界収束二一一六」をリリースする事が決定

201512211741570.jpg





ということで、ひとまず生きる目標ができました。
くっそ楽しみだ。

| 音楽 | 00:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DEEMO



遠い街ですれ違う
知らない顔に怯えて

泣き叫んでも届かない
想いは涙と流れた

見慣れない帰り道の花
揺れ動く影は一つだけ

差し伸べた手にトゲが刺さる
誰にも触れられず野に咲く

僕らは夢を見る
大切な誰かと
小指を結んで
離さないように

ゆびきりげんまん
唱えた




音ゲーと言えば。
素人目に見たら、テクノ調のピコピコした音に合わせて忙しなく手を動かすイメージ。
歌詞もなくて、ゲームセンターに入り浸らなきゃ上手くなれない。
敷居の高いイメージだったんですけど。

この、DEEMOってゲームは、なんとうか、僕の知ってる「音ゲー」のイメージをいい意味で裏切ってくれた作品でした。
まず、こんな綺麗な曲があるなんて思っ取らんかったもん。



↑これは歌は無いんだけれども、後半に行くに連れての盛り上がりとかたまんない。
演奏してる内に泣きそうになる。

うっすらストーリーみたいなのもあるのも良かった。
こういう感じの音ゲーなら、全然プレイしたい。
勿論、家で(笑)

ゲームセンターでプレイするのって、俺無理なんですよ。
なんか
「え?何こいつなんでこんなヘタクソなん?マジないわ、死ねっつーか退けよクズ」
とか思われてたら泣いてしまうと思う(遠い目

逆に、めちゃクソ上手かったら超キモチイイと思う。羨望の眼差しを集められるわけだかんね。
うらやましす。

なんにせよ、スマホでも無料でプレイできるし、
気に入ればPSvitaでも出てたりするんで、買っちゃっても良いしっていう。
音ゲーやったことない人にもオススメです。

| 音楽 | 02:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

死ぬことばかり考えてしまうのは きっと生きる事に真面目すぎるから

現状俺が「一番好きなアーティストは」と聞かれたら名前を上げるであろうamazarashiの秋田ひろむさん。
言葉の端々で胸をえぐってくる歌詞が本当に大好きなんだけれど。

以前、中島美嘉さんに楽曲提供をしたことがありまして。
「僕が死のうと思ったのは」
っていう、なんともamazarashiらしいタイトルなんだけれど。
これ、俺としては是非秋田ひろむさんの歌声で聴きてぇなと。
常々思っていたんです、別に中島美嘉さんがどうこうではなく。
純粋にamazarashiが好き過ぎるからなんですけど。

で。
そんな俺の願いを、横浜中華街あたりに旅行に来てた神様が察知して、
「あ、そんくらいだったら、かなえちゃるで」
と叶えてくれたんだと思う、たぶん。


51CRMng7JCL.jpg
↑amazarashi初のビデオクリップ集「anthology」


26日発売のビデオクリップ集に、ボーナストラックとして、ライブで弾き語りした「僕が死のうと思ったのは」が収録されまんた!!
(*´д`*)


で、やっとこさ聞きましたよ。



………………。



中島美嘉さんには悪いけれど、俺が欲しかったのはこれでした(遠い目)
なんだろうかね、もはや、同じ歌詞でも他の人が歌ったんじゃダメなんだなと思った。
これを例えばBUMP OF CHICKENが歌ってもダメだろうし、LUNKHEADが歌ってもダメんだろうな。
秋田ひろむさんが歌う「僕が死のうと思ったのは」じゃないと、少なくとも俺は満足いかんのだと思う。


この曲の中に、今回のタイトルと同じ歌詞があるんだけれど。
「ああ、そうか」と。
別に自分が真面目アピールをするわけではないのだけれど、
なんだかこう、他人に迷惑をかけてまで生きたいとは思えないぐらい、大事な何かを持ち合わせていない俺みたいな人には多分伝わるんではなかろうか。
まるで救われたような、一つの答えをもらったような。
ただ「ネガティブ」で終わらせてしまえばそれまでなのに、
こんなふうに「死にたい」と思うことに、
なんともおあつらえ向きな答えを提供してくれた秋田さんには本当に感謝してやまない。



「強い希望を描くために色濃い闇も描かなければならない。」

と、秋田さんは言っているのだけれど、まさにそうだなと。
ハッピーエンドハッピーエンドばっか言って、なんの闇も描かない作家さんおるけど。
その人が描く作品を見たり聴いたりしても、何も響いてこない。
少なくとも俺には。

しかしこの話は逆もまた然りで、濃厚な闇を描くためには、やはり鮮明な希望も描かんといかんのだと思う。
絶望があるから希望もあるし、希望があるから絶望もあるし。



最後にもう一個、この曲の中から。

「愛されたいと泣いているのは 人の温もりを知ってしまったから」

結局俺みたいなやつでもどこかで、人の温もりには触れているんだと思う。
それが例えば直接的ではなく、漫画やドラマや友達の話や。
そういった人から見聞きしたもんでも「人の温もり」ってのは感じられる訳だし。



ああ、早くCD化されて欲しいな。
DVDでこの曲を聴き続けるのって結構手間なのだ。

| 音楽 | 12:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT