FC2ブログ

もすけブログ

ゲイイラストを中心に活動するもすけの本拠地。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ただし魔法は尻から出る

最近の子供達は知らないであろう漫画。
魔法陣グルグル。

14657.png

自分と同じくらいの年代(20代後半~30代前半)の人は恐らくドンピシャ。
「ククリが初恋」という本気かネタかわからない発言をする男子を続出させた、罪深い漫画である。
因みにククリとは、上載画像の、三つ編みの子。

勇者ニケとグルグル使いククリが大魔王ギリを倒す為に冒険をする漫画。
ドラゴンクエスト風の世界観を構築し、そこでの冒険をRPG風に描くギャグマンガ。

知らない人にグルグルの話をすると、そもそも「グルグル」って何?って話になるんだけども。
グルグルっていうのは、簡単にいえば魔法です。
ただ、呪文詠唱をすれば発動するような魔法ではなく、
魔法陣を描くことにより発動するタイプの魔法。
この漫画の世界では、グルグルを使えるのは「ミグミグ族」っていう人達だけで、
ククリもそのミグミグ族の1人。

今回の記事のタイトルにもなっているフレーズは

BMKZif6CUAAoTaD.jpg

このコマから抜粋。

レベルアップを目的に修行をすることになり、一ヶ月コースと半年コースの選択を余儀なくされるククリ。
けど勇者ニケと半年間離れ離れになるのが嫌なククリは、安易に一ヶ月コースを選択しようとする。
かーらーのー、上のコマ。

小学生の頃の自分は、これで爆笑ですわ。
間髪入れない感じが、本当に面白かった。

この漫画、意味不明な発言の面白さよりも、間のとり方がとても俺好み。

IMAG1404.jpg

コレとか大好きだった。

あとは

「いたのふんどし魔人」
「おい、モンスターが来たぜ」
「ザムディン!!!!!」
「ぼくにはとてもできない」
「そういう過去の人はダメです」

等々、揚げ出したらきりがないくらい、名言があるんですが。

なんか、終盤に近づくにつれて、面白さが薄れていきまして。
最終巻に至ってはもう、内容覚えてないです(爆)

そんなグルグルの続編が、「魔法陣グルグル2」として発売してまして。


img_0.jpg


絵柄、全然違うけどね(笑)

発売当初から買ってはいたものの、社畜だった俺には全然読む気力がなく、ずっと積み本してたんですが。
さっき最新巻の4巻まで一気読みしました。

まぁ、面白い(笑)
1、2巻ぐらいだと、絵柄もさることながら、ギャグのキレとかが、なんかグルグル読んでる感じしなかったんだけど。
3~4巻辺りから、徐々に以前のグルグルらしさを取り戻してる気がします。絵柄も落ち着いてきてる。

ただ…やはり、ファーストシリーズの序~中盤の頃の爆発力は無いかなぁ…。
俺が見たのが小学生だったからっていうのもあるのかなぁ…。
わからんけど。

あ、因みに、初代グルグル終了後に発売した「キタキタ」っていう漫画は読んでないです。
キタキタおやじで笑った事があんまりなかったから…ね。

兎にも角にも、魔法陣グルグル2。
今後に期待です♪

おやすみなさい!
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

| 漫画 | 03:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オオカミとイヌ

狼と犬01縮小

折角漫画を描けるペイントソフトを持ってるんで、漫画(4コマ漫画)を描いてみた。


……むっず。

いや、マジで、漫画描いてる人尊敬する…。
もう、何をどうしたらええのんか。
いや、過去に漫画描いたことはあるんだけど、
四コマ漫画ってまたこれはこれで勝手が違くて…。
今回のペイントソフトで漫画描くのにまだ慣れてないってのもあるけど、
もうむっちゃ時間かかったわ…。
無駄にレイヤ別けまくらない方が良い、これ。
もう、レイヤー間の移動だけで、作業時間の四分の一ぐらいもってかれてんじゃねぇの?
っておもうぐらい、行ったり来たりしてた…。
あかん。あかんで。

あと、描く毎にキャラの顔変わるのなんとかして…orz
この安定感のなさ!!


あー…。
頑張ろ。


おやすみなさい。

| 漫画 | 01:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

轟って言われるともう、雨上がり決死隊の宮迫さんがやってたコントのキャラしかでてこないけど

以前も紹介した漫画、僕のヒーローアカデミア。
この漫画にやっとこさゲイ受けするであろうキャラが。

その名も、轟炎司!!



…………。





うん。
たぶん、漫画読んでる人も、こっちの名前じゃあたぶん、ピンと来ないと思う。
ので、こう言えばわかるだろうか。





エンデヴァー!!!

IMAG1252.jpg

カラーイラストが見つからず、5巻の表紙を撮りまんた。

白黒だと

エンデヴァー


エンデヴァー 轟炎司


こんな感じ。

キャラクター的には、発刊中の単行本を読んだ限りだと、ヒールキャラ。
回復の「ヒールキャラ」じゃないよ、悪役の「ヒールキャラ」だよ。
どんくらい悪役かっていうと、自分じゃライバルに勝てないから、ものっそい能力を持った子供を作って、その子供にライバルを超えてもらおう。自分は炎属性の能力だから、氷属性の女との子供を産めば炎+氷で、最強じゃね!?ぴぇえええ!!っつって、氷の能力を持った女性の能力目的で結婚し子……いや、仔を作っちゃうくらい、倫理観的に破綻したキャラなのです。で、勿論その仔&母親にはとことんスパルタに徹する、と。

……ここまではストーリー上公開された情報だけど。
個人的な予想だと
、その破天荒っぷりの裏側に、しっかりと愛があるんじゃないかなと。
むしろ、あって欲しいなと。




っていうかこの漫画、恐らく100%アニメ化する。
アニメ化しない要素がない。
それ以前に、とにかく面白い。
面白いというか、王道故に安定して読める漫画。
画力も高いし。



ということで、エンデヴァー氏もジャンプ本誌ではぼちぼち活躍してるっぽいので、
それらが収録されるであろう6巻の発売が待ち遠しい。







俺の話。
9月いっぱいでの退職が確定。
10月からはイラストレーターとして活動できる。

やった。

| 漫画 | 23:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

少年Aの物語

母を刺した少年Aの物語が終わりを迎えた。


IMAG1178.jpg

軍鶏。
高校時代、当時好きだった少年Sに薦められて読み始め、
それからずっと購読していた漫画。

母親を刺し、少年院に入ったナルシマリョウという少年が、
少年院で生き抜くために空手を習得し、強くなっていく物語。

正直なところ、Sから薦められてなければ出会ってすらない漫画だったように思う。
絵柄も好みでなければ、正直、絶賛するほど面白くもなかったし。
ただ、この漫画はある種、僕と、Sとの繋がりのように思えて。
だから、ずっと読み続けたし、軍鶏が完結した今、
なんだかどうしようもなく寂しい気持ちに襲われていたりもする。

もう、何年も連絡を取っていないSに、メールを打とうと思ったけど。
なんだか、返信がないことが怖くて、ダメだった。

「軍鶏の最後、なんか、酷かったやねぇ」

そんな一文でいいのにさ。






でも。
やっぱ。
勇気を出して、送ってみようと思う。

返事が来なけりゃ、それはそれ。
返事が来りゃ、簡単に近況報告でもできれば嬉しいな。

では。
いってきます。

| 漫画 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

僕のヒーローアカデミア

この世の中に、終わりのないものはない。
人の命も例外ではなく、僕や、彼や彼女も。
いつか、皆、等しく、死んでいく。

それは漫画も同じ。
終わらない漫画はなくて、大好きだった漫画が終わってしまう度に、
僕はなんだか寂しい気持ちになる。

ナルトも黒子も終わってしまった。
ナルトに至っては、僕が中学生の頃から読んでいた漫画だった。
まさに、人生の半分を一緒に過ごした漫画。
色々思う所はあったけど、終わってしまえばやはり寂しい。

ので、何か新しい漫画はないかと探っていたら、僕の好きな感じの表紙の漫画が。


51f6MblgyZL.jpg

僕のヒーローアカデミア。
運命なのか何なのか、またしてもジャンプ漫画。

2巻が出てすぐのタイミングだったのもあって、「たった二冊なら、ハズレてもいっか」と、軽い気持ちでまとめ買い。




うん。大当たりだった。

設定的には、タイガーアンドバニーが分かる人はそれを思い浮かべてもらえると早いと思う。
「個性」と呼ばれる特殊能力をもった人間が現れ始めて、人口の約8割がそういった能力をもった
超人社会になった世界での話。
主人公の男の子(↑の画像では、向かって右側の黒髪の子)は、根っからの超人マニアで、
ヒーロー大好きなんだけど、当の本人は「個性」を持たない平凡な子で――

みたいな。そんな感じ。

ジャンプ漫画の醍醐味って、「シンプル」ってところだと思う。
敵が居て、味方が居て。
その構図がはっきりしてる。
僕の大好きなるろうに剣心は、最後のほうこそ善悪の境が曖昧になったけど。
でも、最初は皆、「敵」「味方」の構図から始まるの。
これがとても入りやすい。

あと、この作品に関しては、絵が比較的好きな絵柄だって言うのもあって、
凄く面白く読ませてもらった。

現在3巻まで発刊中で、「次に来るマンガ大賞」というので一位になってる漫画。

オススメ。
あ、でも、今のところぽっちゃり系キャラが奇跡的に居ないので、
その辺が居ないと!って人は乞うご期待ということで。



まだまだオススメしたい漫画はたくさんあるんですが、
今日はこの辺で。

| 漫画 | 11:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT